運送業の「困った!」に迅速に対応。御社のビジネススピードを加速させます

法的リスクが顕在化してからの対応は,解決までの選択肢が限られ,取り得る選択肢に限界があります。
例えば,運輸局からの監査通告が来た,従業員から残業代請求の通知が来たといった場面です。
しかしいずれも,早期に弁護士が対応していればトラブルそのものを防げたり,トラブルのダメージを軽減することができます。

料金プラン

【相談料(税別)来所/オンライン/電話】
初回60分:0円
2回目以降のご相談 1時間あたり3万3000円(1時間以後の超過分30分ごとに1万6500円)

【顧問契約の費用】※個別の案件のご依頼であっても,顧問契約の締結が必要になります。
プランを選ぶ場合のイメージ
・月額10万円プラン(税込11万円):すでに訴訟案件が発生している。会社全体の経営・法務への参画を必要としている。
・月額 6万円プラン(税込6万6000円):交渉案件の対応を依頼したい。契約書等の作成・チェックを定期的に依頼したい。
・月額 4万円プラン(税込4万4000円):会社の事情を知っている弁護士が欲しい。メール,チャットなどで気軽に相談できる弁護士が欲しい。

【顧問サービスに含まれない個別案件の費用】